ひので動物クリニックのBlog

愛知県弥富市にある「ひので動物クリニック」のブログです。

フードの話🥣

みなさんこんにちは✨

 

看護師の松本です。

 

寒暖差が激しい日が続いていますね☃️☀️

 

私は体温調節がうまくいかずに、

 

夕方に寒い思いをしたりしています💦

 

この間も私の愛猫が

 

感覚が狂ってしまったのか、

 

石油ファンヒーターの真ん前に陣取っていました😅

 

f:id:hinode-ah:20210223210055j:image

 

あまりに近すぎたので、

 

写真を撮った後、すぐ離れさせました(笑)

 

 

 

さて、今日はフードのお話をしたいと思います。

 

動物病院では、

 

実に多彩なフードを取り扱っています。

 

犬猫全て合わせると、50種類をゆうに超えるほどです‼️

 

一般食もありますが、

 

病気の子に合わせて作ってある、

 

いわゆる療法食という物がほとんどです。

 

治療において、食事療法というのはとても大事で

 

尿石症やアレルギー性皮膚炎のように

 

フードを療法食に変えるだけで

 

症状が落ち着くこともある病気もあります🙆‍♀️

 

 

 

そうでなくても、心臓や腎臓、肝臓など

 

各臓器が悪い子のために合わせて作られたフードもあり

 

食事療法は治療を支える一環として、

 

とても大事なものです✨

 

 

最近は2つの疾患に対応するようなものまで

 

あったりします☝🏻

 

f:id:hinode-ah:20210225162917j:image

 

例えばこのフードは

 

犬のアレルギー性皮膚炎と尿石症の

 

2つの疾患に対応しています!

 

数年前までは一つの疾患に対応するフードしかなく

 

基本的に療法食を食べている子は

 

種類の違うフードは食べられないので、

 

どのフードにすればいいかな…

 

となることも多かったのですが、

 

こうしたフードの発売によって、

 

今はその悩みも減りつつあります😊

 

 

 

基本的にはこの子にはこのフードが必要かな?

 

という子には、獣医師からお勧めする形になりますが

 

うちの子、療法食にした方がいいの??

 

というご相談があれば、ぜひスタッフまで👍🏻

 

 

 

そして、フード注文に関して

 

少し制度が変わります。

 

 

今までは、受付でご注文頂いた時は、

 

その都度「注文したその日か、受取日か」を

 

選んで精算して頂く形でしたが、

 

注文者の増加に伴う在庫数の上昇により、

 

管理も困難になってきたため

 

4月1日より、

 

受付や診察時の注文は

 

その日にご精算となりますので、

 

ご注文の際は金銭のご用意をお願いいたします🙏

 

 

お電話でのご注文は今まで通り

 

受け取り時の精算となりますので

 

ご理解とご協力のほど、

 

よろしくお願いいたします🙇‍♀️

甲状腺疾患

こんにちは🐈‍⬛

 

 

獣医師の家田です。

 

 

 

先日、第72回獣医師国家試験が行われました。

 

 

自分が受験してからもう1年経ったと思うと

 

 

この1年間は本当にあっという間でした。

 

 

後輩からは

 

 

「自己採点の結果、おそらく合格です!」

 

 

との連絡を受けたので

 

 

一安心できました。

 

 

ただ、今年は新型コロナの影響で

 

 

卒業旅行に海外旅行という選択肢が

 

 

無くなってしまったのは

 

 

すごく残念に思います。

 

 

2月17日からワクチン先行接種が

 

 

開始され、ようやく脱コロナが

 

 

見えてきた気がします💉

 

 

ここで気を抜かず

 

 

脱コロナに向けて

 

 

これまで通り

 

 

手洗いうがいを徹底していきたいですね🙌

 

 

 

f:id:hinode-ah:20210219213830j:image

これは卒業旅行で友人達と

 

ボルネオ島に行った時の写真です🌴

 

コロナの影響で数日間しか滞在できませんでしたが

 

最高の思い出になりました。

 

 

 

さて

 

 

今回のテーマは

 

 

甲状腺の疾患についてです。

 

 

 

そもそも甲状腺とは

 

 

どういった臓器なのでしょうか。

 

 

答えは代謝を調節する臓器です。

 

 

甲状腺が異常をきたすと

 

 

体重や活動性、 皮膚にも影響が出てきます。

 

 

病気に関しては

 

 

ワンちゃんとネコちゃんで

 

 

それぞれ症状が異なってきます。

 

 

 

まずワンちゃんで多いのは、

 

 

甲状腺機能低下症』です🐕

 

 

中年から高齢で多く発生します。

 

 

代謝機能が低下してしまうため、

 

 

①体重増加

 

②活動性低下

 

③皮膚が脂っぽくなる脂漏症

 

④尻尾の特徴的な脱毛

 

 

などが症状として

 

 

みられるようになります。

 

 

 

一方ネコちゃんでは

 

 

甲状腺機能亢進症』が多く

 

 

主に高齢のネコちゃんに

 

 

多く発生します🐈

 

 

代謝機能が亢進するため

 

 

体重の減少や食事量の増加がみられます。

 

 

他にも

 

 

①活動性の亢進

 

②攻撃性の増加

 

③お水を飲む量と排尿量の増加

 

 

なども症状としてみられることがあり ます。

 

 

甲状腺疾患は

 

 

院内での血液検査や超音波検査で

 

 

診断可能な場合が多いため

 

 

このような症状に心当たりがあれば

 

 

ぜひご相談いただきたいと思います。

爪切り

こんにちは!看護師の谷渕です。

 

今回はワンちゃんネコちゃんの爪切りの

話をしようと思います

 

どれくらい伸びていたら爪を切った方がいいの?


地面に爪が付いている長さ

歩く時にカチカチと音が鳴っていたら

爪を切ってあげて下さい😆

 

🐶犬は外によく出る子は地面で爪が削れますが

室内でよく過ごしている子は爪が削れにくいです

 

😺猫は自分で爪研ぎをすることによって中から

尖った爪が出てきます

 


どこまで爪を切ったらいいの?🤔


白色の爪の子は血管が見えているのでその手前まで切り角を落としたらOKです

f:id:hinode-ah:20210208153258j:image

黒色の爪の子は血管が見えないので少しずつ切っていきます

白い芯が見えたら血管なのでそこまで切ったらOKです

f:id:hinode-ah:20210208153024j:image


爪が伸びすぎていると...

 

🐶犬は巻き爪になり肉球に刺さったり

     床で滑りやすくなったり

😺猫はカーペットやカーテンに

     引っかかってしまいます


爪が伸びていると怪我にも繋がるので

定期的に爪切りをしてあげましょう!😊

 


爪切りだけでの来院でも大丈夫です🙆‍♀️

ワクチン接種時は無料で爪切りをしています!

 

 

 

 

猫の毛色と性別

 

こんにちは😊

 

最近疲れている時に

猫の面白い動画や

可愛い動画を見て癒されている寺本です💕

 

 

皆さん

「オスの三毛猫は珍しい」

という話は知っていますか??

 

f:id:hinode-ah:20210202115744j:image

 

結構有名なので

ご存知の方も多いかもしれませんね🍀

 

これは遺伝子が関係しているんですよ✨✨

 

 

簡単に説明すると

オス猫は「黒」と「オレンジ」の毛色の染色体の両方を持つ事が難しいから

だそうです😽

 

 

確率はネットでも色々と言われていますが

医学書では

三毛猫の「3000頭に1頭」がオス

ではないか?と推定されています🙌

 

 

他にも「サビ猫のオス」も

三毛猫のオスと同じくらい珍しいです‼️

f:id:hinode-ah:20210202115919j:image

当院のかのんちゃんも

もちろんメスです😂笑

(この写真はかのんちゃんではありません)

 

 

 

ではメスで珍しい色は??

って思いますよね🌈

 

メスが珍しいのは

「茶トラ」「茶白」です💕

f:id:hinode-ah:20210202120420j:image
f:id:hinode-ah:20210202120416j:image

 

オスメスの割合は

「8:2」くらいなので

 

オスの三毛猫やサビ猫ほど

珍しい訳ではないみたいですけどね😊

 

 

 

 

 

うさぎの爪切り

こんにちは!

看護師の寺澤です🐰

 


早いものでもう2月に入ろうとしています

お昼などは少し暖かいなと

感じる日も増えましたね⛅️

 

まだまだ寒い日は続くので

風邪などには注意が必要ですね❄️

 

 


私はこの前いちご狩りにいってきました🍓

大きくて甘いものが沢山あり

とても美味しかったです🤤

 

f:id:hinode-ah:20210129150622j:image

 

 

本題に入りますが、、、

今日はうさぎの爪切りの必要性について

お話しします🐇 ✄

 

 

 

そもそもうさぎに爪切りって必要なの?

と疑問に思う方もいると思います

 

 

確かに野生のうさぎは爪切りをしません

爪が伸びても、野生下で自然に削れて

適切な長さに保たれるからです🌳

 


屋外で飼われているうさぎも

土の上で野生に近い環境で暮らしていれば

同様に削れていきます

 

 


ところが、室内で暮らすうさぎは

柔らかい絨毯の上や

プラスチック製のゲージで

暮らしているために

 

自然に擦り減る機会が少なく

どんどん伸びてしまいます🏠

 

 

 


うさぎの爪が伸びすぎてしまうと

 

ゲージの金網やカーペットなどに

爪を引っ掛けやすくなり

爪が抜けてしまうことがあります😣

 

 

爪が引っ掛かることでひどい場合は

足を骨折してしまう可能性もあるのです😰

 

 

また、かかとに負担がかかって

「ソアホック」という足裏の皮膚炎の

原因となってしまうこともあります😔

 

 

 

さらに、伸びたまま放置していると

爪の中の血管まで伸びてしまい

短く切ることが難しくなってしまいます

 

 

 

定期的な爪切りはうさぎにとって

欠かせないお手入れなのです💡

 

 

どのくらいの頻度かは個体差がありますが

およそ1〜2ヶ月に一度は

爪切りが必要だといわれています❕

 

 

 

こういったように爪切りによって

防げるケガや病気はあるので

 

日頃から足先、爪の伸びなど

定期的にチェックしてあげると

良いですね🙆🏻‍♀️✨

 

 

 

お家で難しければ無理はせず

 

当院でもうさぎの爪切りを行ってるので

是非お気軽にご利用ください☺️

 

 

 

お家で爪切りをする場合のやり方や

注意事項などは、長くなってしまうため

次回のブログでお話させて頂きます🌱🐰

f:id:hinode-ah:20210129211503j:image

 

雛鳥を見つけたら…?

 

こんにちは🌞

看護師の富田です🌱

 

 

 

 

早いことでもう1月も後半ですね😮

 

 

皆さん年末年始はどうお過ごしになりましたか?

 

わたしはネットで注文した着物の福袋が

年始に届いたので

近くの神社に行くだけなのに

わざわざ着て行きました笑

 

 

f:id:hinode-ah:20210122222713j:image

 

 

今年も

好きなことを極められる年にしたいです🥰

 

 

看護師としても

成長できるように頑張ります💪

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

 

弱っている雛鳥を見つけたら

どうすればいいか?

 

という話をしたいと思います🐣

 

 

 

雛鳥は羽が生えそろったら

すぐに巣立つのですが

最初の頃はうまく飛べずに落ちてしまう子もいます

 

 

そういう子を見つけたとき

どうにかしてあげたい…………!と

思う方も多いかと思います😢

 

 

わたしも幼少期の頃

何回か雛鳥を見つけて

何度も様子を見に行った記憶があります。笑

 

 

 

ですが

野鳥を捕まえたり飼育することは

法律で禁止されており

当院でも診察をすることはできません😣

 

 

 

 

ヒナの巣立ちの頃は

親鳥が近くで見守っていて

落ちてしまった場合は

手助けをしてくれるのですが

 

人間が近くにいると親鳥がやってこれないので

その場から離れて

親鳥に任せましょう🙏

 

 

 

また怪我がある子に関しても

少し残酷かもしれませんが

そのままにしておくことが自然なこととして推奨されているみたいです。

 

 

 

f:id:hinode-ah:20210122225731j:image

 

f:id:hinode-ah:20210122225735j:image

 

 

 

助けたい!

と思う気持ちは大切にしたいですが

 

もしもの時のために

正しい知識もつけた上で判断したいですね😌

 

 

 

緊急事態宣言発出にあたって

こんにちは!

 

看護師の松本です。

 

年明けから感染者が激増して、

 

ついに愛知県にも緊急事態宣言が発出されました💦

 

 

当院では、以下のように感染対策を取らせて頂きます☝🏻

 

①待合での三密の回避

 

一定以上の待ち時間が見込まれる患者さまには、

 

番号札をお渡しします。

 

番号札が鳴るまでは、

 

お車で待機して頂きます。

 

f:id:hinode-ah:20210116100015j:image

 

 

 

また待合室、診察室ともにお入り頂く飼い主様は

 

原則お一人とさせて頂いております。

 

2名以上でお越しの場合は代表者一名を除き

 

お車での待機をお願いします。

 

 

②飛沫飛散防止ならびに消毒の徹底

 

全ての飼い主様にマスクの着用をお願いするとともに

 

入口に置いてある消毒液での手指の消毒を

 

お願いしております。

 

 

③換気

 

院内の換気を清掃のタイミングで行います。

 

 

 

なお4月の緊急事態宣言の時は

 

爪切り、肛門腺絞りのみの患者さまは

 

お断りしていましたが、

 

今回はどちらもお受けしております✨

 

 

感染防止の為、飼い主の皆さまには

 

ご理解、ご協力を頂きますようお願いします😌