ひので動物クリニックのBlog

愛知県弥富市にある「ひので動物クリニック」のブログです。

この時期気をつけましょう

 

こんにちは!看護師の寺澤です☺️

 

 

11月に入り本格的に寒くなってきました❄️

わたしはもうマフラーが必要だなと

感じるときもあります🧣(笑)

 

 

 

寒くなり始め、最近診察をしていて

この頃多いなと思うのは

   🐱ネコちゃんの膀胱炎です🐱

 

 

 

まず、膀胱炎とは。。。

 

おしっこがたまる膀胱に炎症が起きる病気で

細菌感染や尿結石などにより膀胱が炎症を起こすことで起きます。

 

 

ネコちゃんの場合、はっきりとした原因が特定できない特発性膀胱炎が多く、

 

原因の1つとして環境の変化などの

ストレスが考えられています😣💧

 

 

また、寒い時期に多くなる理由としては

寒冷のストレスだったり、

夏と違い暑さもないので水を飲む頻度が

減るからということも考えられます。

 

 

 

症状には。。。

 

頻回にトイレ行くがなかなかおしっこが出ない、排尿時に痛そうにしている、

おしっこの色が濁っていたり血尿が出る、元気食欲がない

などがあげられます😿

 

 

膀胱が激しい炎症を起こすと、

膀胱の筋肉が緊張しておしっこが出しにくくなったり、

尿結石が尿管に詰まってしまい、

尿閉状態になってしまうこともあります⚠️

 

 

 

おしっこを出せない状態が続くと

 

 

排泄されるはずの毒素や老廃物が

体内に溜まってしまい、

腎不全や尿毒症を引き起こします😥

 

その気持ち悪さから嘔吐や元気食欲の消失、

ひどい場合は体温の低下といった症状が見られ

命に関わることのあるとても怖い病気です😨😢😖

 

 

 

特発性の予防としては。。。

 

できるだけストレスを与えない、トイレを我慢させない環境を作る、

水分をたくさん摂らせることが大切です❗️

 

 

冬場はなるべく寒さのない暖かいところにトイレを置くと

トイレを我慢させない方法にも繋がります☺️

 

 

多頭飼いの場合はトイレと水飲み場を増やしてあげるといいですよ 🐈👍🏻✨

 

 

 

また尿石症の予防としては。。。

 

尿石を作りにくくする療法食があります🍚✨

 

 

一度尿石症になったことのある子とない子も

 

普段食べてるご飯から予防してあげれるのは

とてもいいですよね😊🍀

 

フードには種類があるのでお気軽にご相談下さい❕

 

 

 

 

そして、膀胱炎は

「早期発見・早期治療」が重要です💡

 

 

お家のネコちゃんにいつまでも元気に過ごしてもらうために

 

日頃から飲水量やトイレの回数、おしっこの状態をしっかりチェックして

少しでも変わった様子が見られるときには、

 

早めに受診するようにしましょう 😸🏥🌱

 

 

f:id:hinode-ah:20191108151721j:image